社労士 人事法務オフィス

Labor and Social Security Altorney
JINJI-OFFICE

TEL : 042-850-8220

E-mail : jinji-office01@nifty.com

menu

会社案内

社労士 人事法務オフィス

〒194- 0013

東京都町田市原町田
4-21-18-1104

TEL:042-850-8220

FAX:042-850-8221

mail:jinji-office01@nifty.com

HOME > 社会保険手続

社会保険手続

社会保険のことあれこれ、ご相談ください。

上がり続ける保険料…そのまま払い続けますか?支出を抑えようとさまざまな対策を行っている企業様は多く、経営においてキャッシュフローは永続する問題の一つですね。しかし、その対策の中でも「公的保険」の対策を行っている企業様はまだ多くありません。それには以下のような考えがあるからではないかと当事務所は考えております。「公的保険料はとりあえず払っていれば色々と安心だろうし、深く考えたことがない」「年々上がるが、『決められた額を支払う』と決まっているものだから仕方がない」これは実に『もったいない』考えです!公的保険料は年々増加するばかりか、多く払っているほど自己負担も多くなる矛盾を抱えています。当事務所では大手保険会社とタッグを組み、個人事業主様や役員・決裁者向けコンサルティングとして、面倒な手続きなどなく実行可能なスキームをご提案しております。効果は、すぐに実感できます。また、将来を見据えた有効な資産保全の方法をわかりやすく、ご説明いたします。もちろん、労働・社会保険の手続き事務等も行っておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

主なものとしては

労働社会保険手続き電子申請完了

<労働保険>
  • 労働者災害補償保険(労災保険)
  • 雇用保険
<社会保険>
  • 健康保険
  • 厚生年金保険

上記のように、労災保険と雇用保険をあわせて労働保険と言い、健康保険と厚生年金保険を合わせて社会保険ということがあります。

通常ですと、「社保完備」というのは、この健康保険と厚生年金保険を会社として加入しています、という意味で使われます。

この社会保険ですが、どのような場合に、保険の利用(給付を受けること)ができるのでしょうか?

どうなる、社会保険未加入の会社…?

  • 法人は、社長お一人であっても、家族だけの経営であっても、社会保険への加入は義務となっています。
  • 厚生労働省は、社会保険未加入の会社に対して厳しい対応を行っています。
  • 強制的に2年遡及して加入させられる例も、めずらしい話ではありません。
  • 年金事務所などから、社会保険加入促進訪問への突然の訪問があります。
  • 御社が未加入であっても、あわてずに弊事務所へご相談ください。
  • 適切な対応につきましては、サポートさせていただきます。